フィンランド ヘルシンキ 大聖堂

DSC04630.jpg DSC04517.jpg
2017年12月22日 フィンランド ヘルシンキ 日本航空(JAL) 直行便 左:ヘルシンキ 大聖堂 右:大聖堂へ向かう途中の道
DSC04523.jpg DSC04552.jpg
左:ヘルシンキ 大聖堂付近のクリスマスマーケットの様子 右:マリメッコ ヘルシンキ店
スポンサーサイト

ちひろ美術館 東京

DSC_0285.jpg DSC_0284.jpg
絵本作家 岩崎ちひろの自宅兼アトリエであった場所に建てられた美術館。西武新宿線「下井草駅」から徒歩10分程度。住宅街のなかにひっそりありますが、周辺の各所に案内板が設置されています。復元アトリエ、館内のカフェ、ミュージアムショップ、庭など、見どころ満載の絵本美術館です。

「運命に、似た恋」 能登 DVD 出演 原田知世 斎藤工


DSC_0223.jpg DSC_0217.jpg
左:カスミが、アムロから、貝殻の形のオルゴールを受け取った場所。お返しにバレッタを渡す。右:カスミとユーリが、思い出の海を訪れる場面などで登場する駅舎。
DSC_0280.jpg DSC_0279.jpg
カスミとユーリが2人での能登を訪れる際に登場する駅のホーム。のと鉄道 能登鹿島駅。2017年4月14日の様子。桜が満開を過ぎて、散り始めている時期。

DVD 「運命に、似た恋」

ポーラ美術館

DSC04779.jpg DSC04766.jpg
2017年5月31日(水曜日)昼頃、神奈川県箱根町にある「ポーラ美術館」を訪問しました。小田原駅から箱根登山線にて箱根湯本駅で乗り換えて強羅駅下車。観光施設めぐりバスにて、「ポーラ美術館前」下車。
DSC04767.jpg DSC04770.jpg
左:観光施設めぐりバス 右:3層分の吹き抜けになったロビー。ガラスの屋根からは、仙石原の山並みが見えて木々の息遣いを感じることができます。
DSC04781.jpg DSC04776.jpg
左:木々の向こうにはエントランスがあります 右:レストラン「アレイ」 企画展メニューのデザート シャガールの故郷を想いサワークリームに赤い果実のコンフィをあわせています。
DSC04772.jpg DSC04778.jpg
左:企画展メニューの前菜 スペインのバルで親しまれている4種類のタパス。(ガスパチョ、白身魚のフリット、生ハムのブルスケッタ、野菜のピクルス) 右:周囲の道路

ミュージアムショップでは、クリアファイルを購入しました。当日の受付の女性は、透明感のある素敵な方でした。さすが、ポーラ化粧品の企業美術館。

根津美術館 NEZU MUSEUM 特別展 燕子花図と夏秋渓流図

DSC_0280.jpg DSC_0279.jpg

特別展 燕子花図と夏秋渓流図 2017年4月12日(水)~5月14日(日)
東京メトロ表参道駅A5出口から徒歩数分 竹の木で覆われた根津美術館の外観が見えてきます。尾形光琳 国宝「燕子花図屏風」と鈴木其一「夏秋渓流図屏風」の作品を一度に見れるよい機会なので、平日の午後、久ぶりに根津美術館を訪問しました。以前に比べて外国人観光客が増えているのを実感しました。

DSC_0275.jpg DSC_0277.jpg

庭のカキツバタがちょうど開花している季節でした。雷雨の後で、すこし湿った涼しい風が心地よい素敵な雰囲気を演出していました。 雨が降っているときには、庭園散策のための傘の貸し出しをしています。

今日からはじめる無期転換ルールの実務対応 第一法規



労働契約法改正により、平成30年4月1日から始まる無期転換ルールの解説書です。有期雇用者には、この制度の存在を理解している人が少ないようですが、会社としては、就業規則の改正など、早めに準備する必要があります。

使えば使うほどお金が増えるお金の使い方

「生き金」と「死に金」を見分ける5つの基準



1 仕事の専門性を高めるためにお金を使う
2 人間性を高めるためにお金を使う
3 人間関係を構築するためにお金を使う
4 ワンランク上の体験をするためにお金を使う
5 モチベーションアップのためにお金を使う

今も使えて5年後にも重宝されるスキルを磨く+そのスキルを磨く行為をやっていて楽しいかどうか




法務の転職活動(その1)

現職(IT企業の1人法務担当)に転職したのが、2015年4月1日。
このたび、転職を決意し、2016年2月初旬から活動を始めました。

あとで、大手人材紹介会社のコンサルタントの方から聞いたのですが、管理部門(法務)については、35歳限界説は存在せず、40歳~52歳ぐらいが一番引き合いがあるレンジだとか。

まずは、履歴書・職務経歴書の更新。前回の転職時に使用したファイルの内容を修正しました。また、前回利用していた転職サイトはすべて退会し、人材紹介系のサイトのみ今回新たに登録しました。

ビズリーチ(転職サイト)でスカウトのあった小規模の人材紹介会社から紹介を受けた案件に応募したのが、2月中旬ごろです。その人材紹介会社とは、電話面談を30分ほど行いました。

(続く)




2016年改正 育児・介護休業法 実務・運用に活かす本



2017年1月施行の改正育児・介護休業法等について、改正内容のポイントを解説するとともに、就業規則のモデル規程をあげながら、その定め方のポイントや本改正による影響を想定した実務・運用上の留意点を解説しています。法務担当者として、できる限り早く対応しないといけないので、このような本の助けを借りる必要があります。また、巻末に改正後の条文が記載されています。

エルミタージュ美術館 ロシア サンクトペテルブルグ

DSC04645.jpg ロシア サンクトペテルブルグにある世界的に有名な美術館であるエルミタージュ美術館へ2016年12月23日に行ってきました。最寄りの地下鉄駅(5線:アドミラルチェーイスカヤ)で下車して、ネフスキー大通りを7分程度歩くと、旧参謀本部(現在は、一部が新館として使用されています)の丸い入口が見えます。そこをくぐると、宮殿広場に出ることができ、中心にアレクサンドルの円柱がそびえたつ広場の向こうにあるエルミタージュ美術館と対面することになります。サンクトペテルベルグを代表する観光スポットであり、1年中多くの観光客で賑わっています。私は、インターネットで事前にチケットを購入していきましたが、結論としては、インターネット予約者専用入り口はわかりにくいので、初回訪問者にはオスススメしません。行列を避けるのであれば、自動券売機が何台か設置されているのでそれで購入するのがいいです。

DSC04630.jpg DSC04643.jpg
左:自動券売機 右:インターネット予約者専用入り口 帰りはここに戻ることができず、一旦外へ出て、再度ここから入場して、入口そばのクロークに預けていた荷物を受け取りました。

DSC04628.jpg DSC04632.jpg
左:クリスマスツリー 右:大使の階段

DSC04633.jpg DSC04637.jpg
大エルミタージュ美術館展(3月18日~6月18日 森アーツセンターギャラリー)で来日する予定の作品

DSC04642.jpg DSC04636.jpg
左:ラファエロの回廊 右:エカテリーナ2世へのプレゼントである孔雀の時計

げみ Gemi 2017カレンダー



書籍装画などのイラストレーターとして活躍する げみ(Gemi)の2017年カレンダーです。2017年1月17日(火)~29日(日)まで、アートコンプレックスセンターにて、げむ個展「つむぎ風」が開催されます。個展でも2017年カレンダー、画集などが販売されます。

ロサンゼルスカウンティ美術館 LACMA

DSC04227.jpg DSC04244.jpg

DSC04228.jpg DSC04229.jpg

DSC04242.jpg ロサンゼルスカウンティ美術館(略称LACMA、ラクマ)は、アメリカ西海岸で最大規模のコレクションを誇る美術館です。敷地内には、8つの美術館があり、多くの作品を所蔵しています。アーマンソンビルの2階、3階には、金彩美術、ヨーロッパ階がのコレクションが展示されており、こちらを中心に鑑賞しました。展外展示の作品もたくさんあり、乾いた青空とのコントラスとがなんともいえない雰囲気です。外装にこった日本館もあり、じっくり鑑賞したかったのですが、どうやら当日は開館していないようで外の庭園を眺めるだけしかできませんでした。多くの建物があり、改装工事などを行っている場合もあります。また、特別展も季節ごとにありますので、訪問する場合には、ホームページなどで事前に調べたほうがいいでしょう。ロサンゼルス国際空港から、タクシーで直接行きました。45ドルぐらいだったと思います。帰りは、館前にあるバス停からローカルバスに乗り、ダウンタウン付近で下車し、そこから地下鉄にてユニオン駅へ行きました。ユニオン駅からは、シャトルバスで空港へ戻りました。

DSC04239.jpg DSC04235.jpg

著作権判例百選 第5版



著作権判例百選が、著作権法違反により訴えられるという、皮肉な事態となっており、刊行が遅れていましたが、知財高裁のよる差止めの仮処分が取り消されたことにより、このたび発売となりました。技術的な進歩により影響を受けやすい分野の一つですので、第4版をもっていますが、買い替えを検討しています。

Q&A 印紙税の実務 平成28年7月改訂



契約書に貼付する印紙税の課否判定において本書(旧版)を基本書として使用しています。印紙税の基礎知識(課税文書、契約書・文書の所属の決定・文書の記載金額、作成の意義、納税地、納付および申告)から、主な課税文書の取扱い、誤りやすい文書例までを、Q&A形式でわかりやすく解説してます。平成26年5月1日以降の印紙税関係の法令の反映しており、今回はあえて買い替えませんでしたが、まだ持っていない方にはおすすめします。印紙税実務おいては、そのほかには、辞書的本としての「印紙税実務要覧」と具体的書式例(Q&A)が多く掲載されている「問答式 実務印紙税―具体的事例428」によりわかりやすく解説〈平成27年版〉のような本があれば充分だと思います。


プロフィール

ブックガイド

Author:ブックガイド
埼玉県在住(独身)、防衛庁、法律事務所、専門商社、IT企業の勤務を経て、現在、再生医療ベンチャーの法務知財部にてマネージャーをしています。趣味:海外旅行、美術館巡り、好きな女性有名人:原田知世

カテゴリ
楽天市場
Amazon
ブログ村
判例タイムズ
判例タイムズ
最新記事
月別アーカイブ
法務・知財ブログ
コメント・質問メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
トラックバック
『スーモ』
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
楽天ブックス
天気予報
楽天ブックス
総合雑誌定期購読サイト
総合雑誌定期購読サイト「マグデリ」スクエア小
記事から探す
楽 天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブックオフ
ブックオフオンライン
ブログ記事配信
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる